良い収益物件に巡り合うための布石

Pocket

今月の上旬に売買契約(仮)は終了しました。

来年1月に本契約と登記という予定なので,とくに不動産投資の活動で,やるべきことは何もありません。

しかし,何もやらなければ不安で,じっとしていられない性格なので少しでも行動しておきたいと思います。

 

1,業者巡りと挨拶:良い物件情報を手に入れるために

2,インターネット検索,資料請求

3,まとめ

 

1,業者巡りと挨拶:良い物件情報を手に入れるために

高知県だけではないかと思いますが,今年は不動産投資が過熱しており,物件価格が高騰しています。高い価格で無理に物件を購入してしまうと,利益が出にくく自分の首をしめそうなのでやめておきます。

近所の業者に立ち回り,挨拶をしてきました。収益物件を取り扱っていそうな業者をランダムに回るわけですが,頻繁にやることではないので緊張します。

業者さんによっては,こちらの顔を全く覚えていない担当の方もいますが,そこは仕方ないと思ってあきらめています。

今回得られたホットな情報は,インターネットに掲載されていない情報で「金額は5,000万円くらいで,物件の売却を検討している方がいる。」といったものでした。時期は未定とのことでしたが,売却するとなれば一報をくれるとのこと。

直接足を運んで情報収集をすることの大切さを実感しました。

 

2,インターネット検索,資料請求

直接足を運んで得られた情報は一件しかなかったので,不動産検索サイトの楽待さんと健美家さんで検索しました。高知県内の物件で新着物件はありませんでした。

一件の情報では来年入ってからすぐに買える物件がないのも寂しいので一応資料請求してみることに。

高知県以外の物件購入も視野に入れています。

 

3,まとめ

収益物件の検索サイトでも新着物件を見つけることができますが,やはり直接自力で不動産会社に出向いて情報を得ることにはかないません。

なぜなら,検索サイトに載ること=誰でも見つけることができる,からです。周りの人と違った物件を手に入れるためには,人と違ったことをしなければなりません。

県外の物件が視野に入っている方であれば,資料請求も有効です。難点とすれば,地方(田舎)の物件の掲載数がすくないことです。

地方,都会,それぞれの情報を効率よく手に入れ,資産拡大を目指したいと思っています。ぜひ,ご参考までに。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です