資産形成は,手持ち資金が少なくても早く始めるべきだと思う

Pocket

地方在住の不動産投資家です。

 

資産運用は,手持ち資金によって最初に投資できる金額にこそ大小はありますが,誰にでも始めることができます。

将来お金に困らないよう資産形成するためには,資産運用は避けて通れないといっても過言ではありません。

 

1,管理人のスペック

2,資産運用を始めたきっかけ

3,投資 購入物件

4,まとめ

 

1,管理人のスペック

年齢:30歳代

性別:男

学歴:高卒

結婚:未婚

年収:約200万円

投資歴:H27年~

投資種別:不動産投資,投資信託

 

 

2,資産運用を始めたきっかけ

就職して早々に上司からは,「若いうちしか遊べないぞ」と言われ続けて貯蓄をしませんでした。25歳のころから頑張って貯蓄を始め,28歳の時にやっと貯めることのできた金額は150万円。頑張って貯蓄をして150万円しか貯めることがができなかった自分に絶望したことは数年前のことです。

「貯蓄しても貯めれる金額はたかだか知れている。終身雇用も保障されていないし結婚して子供ができれば出費もかさむ」 将来の不安は積もるばかりです。

いっそのこと,失敗するリスクもあるかもしれないけど,定年後や離職後に貧乏生活を送るくらいなら,挑戦したほうが自分のためになるのではと思い不動産投資を始めました。

 

3,投資 購入物件

H26~ 不動産投資の勉強開始。

※インターネットで情報収集。(田舎なので不動産会社に足を運んだところでほとんど収益物件の情報がない。)

H26 1棟4室(①) 購入

H28.8 ①売却

150万円ほどの利益。

H28.6 1棟4室(②) 購入

※全空物件を購入。築古物件なのでフルリフォームしました。

清掃業者を雇うお金の余力が無かったので,自分自身が作業に入りました。

 

さらに,入居者がいないのに,ローンの支払いが始まっていたため,半年間はマイナス収支。お金が通帳から減る恐怖感がありました。

現在は3室入居。収入は約15万円。

H28.10 1棟15室(③) 購入

入居は7室。購入後に1部屋退去があったものの,現在(H29年10月)は満室に。

収入は約60万円。

 

②と③の物件で75万円/月の収入です。

リフォームのお金などは残しておく必要があるので使えるお金ではないですが,毎月一定額が振り込まれ,通帳の残高が増えていくのを見ると,精神的な安定にはつながっています。

 

4,まとめ

私の場合はネガティブな考えから資産運用を始めました。現在の生活を変えたい,仕事で解雇された時などの保険をかけておきたい,など資産運用を始めるきっかけは人によって様々であると思いますが,現状で満足していない人は投資を始めてみてはどうでしょうか?

普段とは違った世界を味わうことができます。

 

無料の資料請求はこちら

↓↓↓

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です